【GAYME】ソシャゲの『損切り』#1 -人間の全てを毟っても尚続く、ソーシャルゲームの本質-

 『ゲーム運営を教祖にした新興カルト宗教』
 ソシャゲの本質を表すのに、これ以上似合う言葉はないと思うね。
 そんな物に金や時間を使うのが如何に馬鹿らしいか。
 そこから足抜けして『適度な距離で付き合う』にはどうしたら良いか。

 某ゲームの『アップデート』に頭を抱える人達に、
 全ての『クソ運営』に振り回されるのに疲れた人達に、この企画を捧げます。

そもそも『ソーシャルゲーム』って?

 赤文字=堀辰雄(たっちゃんこ)
 水文字=大和守安定(やっちゃ)

「この間の『こえログ』があの為体で、今回はソーシャルゲームの止め方……
 本当に最近飛ばしますね、依玖さん……」
 いやーだって、あれほど『クソ運営』に相応しい施策もないでしょーよ。
 私から見ると『コレ早々に見切りつける奴だよね』って思考になるけど、世の中にはまだまだそんな為体でも『何かに期待して』お布施する人間が後を絶たないんだから、まあ……これ以上は言うまい。
「依玖重が『新興宗教』って揶揄するのも分かる気がするな。朔太郎がたまに依玖重の端末でゲームやってるのを見るけど、僕、あの画面チラ見してたら『何が楽しいのかな』って思った。
 その点、『Bloodborne』はまだ直感的に分かりやすい感情が吹き出るから、いいよね」
「そうは言うけど、安定くん、たまにとんでもない言葉で毒づいてるの、見るよ?
 休み休みやった方が良いんじゃないかな……依玖さんがよく言うじゃない、『ゲームでストレス溜めたら本末転倒だよ』って」
「難しいんだよ……Bloodborne……
 体力全快でも追撃喰らうとあっさり死ぬし……雑魚敵でも銃パリィ決めないとなかなか倒せない敵居るし……そういう敵に限って銃パリィのタイミング分かりづらいし……」
 やっちゃが頭抱えたくなるのも解るわー。今私が聖杯ダンジョンで出会ってる状況そのものだしな。
 ガンバレやっちゃ。早いとこヤーナム聖堂街抜けられるといいね。
「うん、頑張るよ。
 ……でも、僕もやってて時々思うんだけど、アルテミスやゲーム機でやるゲームと、あの小さい端末でやるゲーム、その境目は何処なんだろう。依玖重は、分かる?」

ソーシャルゲームの定義

 専用の『クライアントソフトウェア』を使用せず、TwitterやLINEなどのSNSにプラットフォームを置く形態のゲーム。主にSNSアカウントと紐付けられ、ウェブブラウザ上で動作する。

「……ん? 依玖さん。ちょっと待ってください。
 この定義ですと、スマホ端末で動作するゲームは、厳密には『ソーシャルゲーム』ではない……ということになるのでは?」
 あ、たっちゃん、良いとこ突くね。
 そう、実は『ソシャゲ』って呼んでるスマホアプリって、『ネイティブアプリケーション』っていう通常のクライアントソフトウェアに似た仕組みのプログラム類にあたるから、『ソーシャルゲーム』の定義からは外れてるんだ。
 それにも関わらず『ソシャゲ』って呼ばれてるのは、

・異なるOS間で互換性を保つため、自社サイトやSNSとの紐付けを要求されるケースが多い
・売り方が従来のソシャゲと同じく、フリーミアム(基本無料)からのゲーム内課金誘導中心

 この辺が従来のソシャゲと似通ってるからだろね。だから一緒くたにされる。
 んで、やっちゃの疑問に対しての答えなんだけど、
 ブラウザゲーやスマホゲーってね、操作性に一定の限界があんのよ。
 ポイント・クリック(タップ)・ドラッグ&ドロップ。この3つの操作で表現できることしか行えない。だから自ずと艦これテンプレゲーのようなシミュレーション系とか、タップアクションとか、音ゲー・パズル・RPG……あの辺くらいしか出てこない。
 対して家庭用機・クライアント型のPCゲームだとコントローラーやキーボード等の外部接続装置のボタンで如何様にも操作をプログラミングできるから、そのぶんプレイヤー側ができる動作にもかなりの幅が持たせられる、というわけ。
 それに、ゲーム自体のボリュームもクライアント型ならいくらでもファイル詰め込めるしね。最近のSteamのゲームはDLで数GB、インストールには50GB、なんてのも珍しくないもん。その分、ガチャ1回分の値段で買えるインディーズゲームにも結構なクオリティの作品があったりするのがまた魅力の1つだったりする。
 コレがスマホソシャゲになると、ネットゲームであるが故の『サーバーとの通信』や『ストレージ容量の低さ』『演算装置の貧弱さ』がネックになるからね。大きいデータは嫌われるんよ。
「だいたい分かった。同じゲームでも、元が違えば大きく変わってくるんだね」
 そうそう。それに同じクライアント型のゲームでも、コンシューマー機とPCでは有志による拡張プログラム『MOD』の導入に制限が出てきたり、操作デバイスの種類の幅があったりと細かい相違点も多いからね。
 PCでリリースされてる物はできるだけPCで遊んだ方が楽しいよ。それだけは言える。
 どうしても『スペック』という壁は出てきちゃうんだけどねー……

商売心理マッシマシ! 買い物は渋ってもソシャゲにはホイホイ金払う愚かな人類!

 で、ここからがソシャゲの本質の大事なところなんだけど、
 ソシャゲの課金方法って、なに?
 特に日本のソシャゲ。
「えー……っと……」
 あ、二人とも言いたくなさげな雰囲気。
 そう。ガチャだよね。
 欧米圏の場合はガチャそのものが規制されてるから、アイテム課金形式のものが多い。中華大陸圏では課金通貨を買わせるシステムで『VIPシステム』という課金額によって有利な効果をたくさん付けられるシステムがあるので有名だし、日本展開を前提にしたゲームはガチャ課金システムを取り入れているね。
「まあ……ガチャが『悪』だってのは、依玖重、いつも言うもんね……」
「と言うか、いつぞやAZ……でしたっけ。大きな所にみんなで買い物行ったとき、
 観音様がキャラクター家具の食玩買おうとして依玖さんに止められたって……
 『やるなら大人買い』って言われたと仰ってました」
 観音様……たっちゃんに喋ったのかw
 だってさ、ガチャって『欲しいものが確実に手に入るとは限らない』んだよ?
 そんな価格保証されてないものに、ホイホイ金突っ込める?
 欧米圏・中華圏の課金通貨システム・アイテム課金だったら『何処に使うか』が自分で決められるから、まだある程度費用対効果に見合った使い方が出来るけど、日本のガチャはそうじゃないからね?
 これもさ、ちょっと考えたら分かりそうなもんだけど、でもみんなソシャゲのガチャとなるとホイホイ課金してる現状がある。生活物資買う金削ってでもガチャ回してる人が居る。不思議なもんだよね。

・対戦で負けたくないから他人より良いモノを揃えたい
・推しのためにサービスを長く続けて貰いたいし、課金すると推しが喜ぶ(そんな気がする)
・推し関係のモノは全部揃えたい
・コレクションに穴を空けるのはどうしても嫌
・あのキャラ・あのアイテムがどうしても欲しい
・レア物たくさん手に入れてSNSで自慢したい

 だいたいソシャゲ課金を止められない人達の理由がこんなところになるけど、簡単に論破していくと、
 ソシャゲで勝ったからって現実でできることが増えるわけじゃないし、課金して喜ぶのはサービスの胴元の馬の骨どもだし、レア物引いてもコレクション全部揃えても、サ終したら全て水の泡。
 で、みんなそういうモノを供給してくれるところを『神』と呼んでる。
 だから『新興カルト宗教』っつってんのよ。
 推しは体の良い広告塔。運営が教祖。社会に貢献するのは税金だけ。
 レア度や対戦要素・蒐集要素で射幸心を煽り、セールなどでちょっと目を錯覚させればみんなホイホイ金落としていくのを運営側は分かってて、そういう心理効果を煽る要素をこれでもかというくらいに詰め込んでくる。
 ある意味競馬やパチンコなどのギャンブルより悪魔の遊戯だと思うよ、私は。しかも、貧乏人からも血の一滴まで搾り取れるように雀の涙ほどの少額から効率よく、かつ合法的に搾り取る仕組みを揃えてきているからね。
 金だけで無く時間も労力も、ありとあらゆるモノを搾り取った末に何も残さない。それがソシャゲ。

独りで人生費やす分には勝手だが……

「けどさ、依玖重。言っても『別の誰かの人生』だろ?
 依玖重にも僕達にも関係ないんだからさ、勝手にやってもらえばいいんじゃない?」
 そうだね。ソシャゲハマってる奴はみんなそう言う。
 『自分の金なんだから好きに使わせろ』って。
 ただな、その悪魔の遊戯を他人に勧めるなよとは思うし、金や時間などの資源を使う事を強制するなよとも思うし、楽しみ方ももっと自由で良いとは思うね。もっと言うならそれで身をやつしても生活保護とか使うんじゃねェぞって思う。アレは必要とする人の元に行くべきだ。
 ソシャゲはね、迷ったら『やらない』!
 娯楽としてゲームを嗜みたいなら、まだ買い切り型のゲームや、コンシューマー機・PCゲームをやる方がいい。そっちの方がまだかかったコストの元は取れるよ。
「まあ……確かに『他人の人生に口出すな』というのは、そうなのかもしれませんけど」
 自分で勝手に潰れて勝手に路頭に迷ってくれる分には、私も別に何も言わないよ。それを示唆してくれる読み物は世の中に沢山あるのに、惰性と快楽でそこに気づけなかったのがソイツの敗因だから。
 一番いかんのは、迷ってる人に『コレが良いよ!』と勧めること。人生狂わせる力があるコンテンツなんだから、安易に勧めたら勧められた人の人生も破壊しかねない。麻薬を勧めてるのと同じだと思った方がいいね。
 で、結構Twitter上の反応見ててもそうなんだけどさ、
 ソシャゲって結構『惰性』でやってる人、多いじゃん。
 今回の企画では『惰性でやってるだけなら止めたいんだけど……』という人、『推しのためだけに続けてるけど運営が気に入らない・ゲームはつまらない』という人を対象にして、『じゃあその習慣を断ち切るのにはどうしたらいいの?』という方法を突っ込んで書いていくものにした。
 次回からは、『ソシャゲを断ち切るための方法』をひとつひとつ突っ込んでやっていこうと思うよ。
 お金も、時間も、もっと『楽しいこと』『気持ちいいもの』のために使っていこうぜ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました