【GAYME】ソシャゲの『損切り』#2 -ソシャゲ課金による『機会損失』を考えよう-

 さてさて、今日も元気に『ソシャゲの損切り』第2弾いってみよう。
 前回は『ソーシャルゲームってのがどんな物か』って話をしたと思うんだけど、今回からは『じゃあ、悪習慣としてのソシャゲを断ち切るにはどうしたらいいの?』っていう突っ込んだ方法についての話を詳しくしていこうっていうお話。

 今回はその中でも『課金による金銭的な機会損失』という点をやっていこう。

10連ガチャ1回分、そのお金で何ができますか?

私だったらこうする -10連1回3000円の使い途-

・焼肉(時間無制限食べ放題/2680円+税)
・回るお寿司(1人前3000円食べれば必要十分!)
・苗と園芸資材買う(3000円あればそこそこできる)
・Steamのセールでゲーム買う(サマー・オータムなら人気タイトル買える)
・実用書を買う(知識やできることが増やせる)
・100円ショップでいろいろ買って憂さ晴らし
・気になるiPadのアプリを買う
・くたびれた服を買い換える(安いところなら上下替えられる)

 赤文字=堀辰雄(たっちゃんこ)
 水文字=大和守安定(やっちゃ)

「こうして並べてみると、『3000円でできること』って結構多いんですね。
 しかし、流石依玖さん。欲望に忠実なリスト……」
 たっちゃん、容赦のない一撃ありがとう( ;´Д`)
 でも、現状興味ある範囲でのお金の使い方ってこんなもんだよ。此処に挙げてないものだと、あとは貯金だね。欲しいものを欲しいタイミングで買うための資金を貯めておく。
 特にデジタルガジェット類は一回の購入にかかる金額が他のカテゴリーとは比べものにならない大きさだから、日頃からしっかり節制に励まないと買い換えすらまともに出来ないよ。
 そうでなくても、人の生活には何かと金がかかるんだ。それに備えるのは大事。
「そうだね。依玖重が今使ってる音専用の基盤やマイクは、ちゃんと自力で貯金して買ったんだものね」
 マイクに関しては上位者(パパパ)の援助があったものの、サウンドカードに関しては完全自腹だったもんね。自分でもよくここまで頑張れたものだと思うし、やはり妥協しないで買いたいモノ買って良かった、とも思ったよ。毎日耳が幸せ。
 まあ、私自身の話はここまでにしておこう。
 一番押さえたいのは『これだけいろんな事ができる金額が、ガチャの一瞬に消えている』という点。これらはみんな個々人の感覚で左右される部分はあるものの『価格相応のモノやコト』と交換しているのであって、
 ガチャなんてのは欲しいものが出なければ、その時点で価値がゼロに等しくなるわけでしょ?
 だから、金の使い途としては物凄く期待値の低い行為なわけですよ、ガチャなんて。
 そこを元値なんてないに等しいし期間も自由設定できるのに『お得そう』に見せた割引とか、琴線に触れそうな絵柄とか、キャラに自分の分身を接待させたりして『購入させるように仕向ける』。そういう仕組み。

うたかたのガチャ -その仕組みには『虚無』しかなかった-

 昔さ、私がDMMで『ぷらねっとき~ぱ~』ってゲームやってて、そのゲームが終わった時の話、しよっか。コレ聞くとマジでガチャなんて手ェ出したくなくなるよ。
 そのゲームもガチャが確か10連1回3000円の設定で、レア度は最初5までだったのが、その頃は7まで出るようになってたのかな。でも、実際に出たっていう報告は殆どなくって、
『都市伝説なんじゃないの?』っていうくらいの噂にはなってた。
 で、ある日、そのゲームがサービス終了することになりました。
 その時に運営が取ったのは、『サービス終了までガチャ無料で引き放題』という施策でね。
 マジの課金ガチャ引き放題をやったわけですよ。引きたいときに、いつでも何度でも、それまでお金出さないと引けなかったガチャがたくさん引ける。最高レアのキャラカードもチャット欄が排出報告で埋まるほどみんな出しまくってた。
「ソシャゲの課金要素ってさ……
 本当に運営の匙加減ひとつで全部決まるんだな……」
 そうそう。私がこの一件で一番強く学んだのはソレだね。
 考えさせられるでしょ? 今まで金出さないとできなかったことが、お上の決定ひとつで有料から無料にひっくり返る。で、お得だと思って引きまくってたガチャの中身も、サービス終了時間を過ぎたらそこから先は『なかったもの』になるんだよ?
 つまり、それまでにかけた時間や手間もろとも、手に入れた物が全部無駄になるわけ。
 コレについてどう思うか、っていう話。
 ……まぁ、私の場合はいまもここのサーバーを貸してくれている大家のFeliceさんはじめ、今もIRCチャットで繋がっている仲間が居るし、チャットでいろいろはっちゃけた『思い出』も残っているから一切合切が無駄になった、というわけじゃなかったんだけど、今のスマホソシャゲなんてそこまで強く他人と結びつくシステムがないから、サ終したら本当に『はいそこまでよ』ってなってしまう。記憶にすら残らないよ。
「泡沫……と例えられると、まさにその通りのような気がしますサービスが終わってしまえば、跡形も無く消えてしまう……そう考えていると、プレイするのに使ったものは全て虚無に吸い込まれているのかもしれない、と思えるようになってしまいますね」
 そうそう。だから、思うんよ。『今までこんなものに金かけてたの?』って。
 もうこれも2015年とかその辺の話になるけど、以降私ソシャゲに一銭も落とさなくなったし、あまり入れ込んでプレイすることも無くなったよ。

サンクコスト(埋没費用)という考え方 -損を取り戻したい、その思考が一番危険-

金や時間をかけた分は、元を取りたい……?

 あとさ、これもソシャゲやってるとあるあるなんだけど、つまらないと解っていても『お金払ったり時間かけたりした分の元は取りたい』って、ずっとゲームにしがみつき続けるの。
 あれは止めた方が良いと思うね。損は損と認めて、潔く撤退する方がいい。
「あー……僕もそれはあるかも。折角やる気になってお金払ったり、スキマ時間を見つけてはちまちまプレイしたりしてるんだから、その分はしっかり楽しんで終わりたい、みたいな……」
 ワカルヨ。誰だって損はしたくないもんな。
 こうした『戻ってくる可能性のない資源』のことを経済学では『サンクコスト』と言うんだ。既に使ってしまった物だから、手元に戻ってくることがない。でも、支払った分の損をしたくないものだから、そこに強いこだわりが生まれて、更に損を拡大する動きに走ろうとする。
 でも実際に取るべき方法はその逆で、『使ってしまった物は仕方ない』と割り切ってすっぱり縁を切ってしまうのが最も良い選択肢だよ。サンクコストになってしまった時点で、それはどうあったって取り返せないもんだ。
 最近もリリース初日からやってたNieR:Re[in]carnationアンインストールしたばっかだけどさ、ゲーム自体は鬼脳死周回を要求するゲームで楽しくなかったのに、『キャラネタ少しは手に入るかな』の期待でずっとログボ取りつつ回してたんだよね。
 でも、追加された12章のストーリーラインがあまりにも胸糞過ぎて不快感覚えたから『こんなのが見たくて時間割いてるんじゃねぇ』って心の天秤がガコーンと下がった瞬間、アンインストールを決めた。アイコン長押し、アプリケーション削除、はいおしまい!w
「まさに有言実行……」
 全く課金してないから財布へのダメージはゼロだし、プレイも原稿書きながらとかが多かったからそんなにダメージと言うほどのダメージはないんだけど、それでも費やしてしまった時間はサンクコストとして処理すべきだと思ったね。踏み止まってまた嫌な思いをするかもしれないって思ったら、そっちの可能性の方が損失だよ。

『お金』『時間』それぞれの『機会損失』

 で、ここで最初言った『3000円あったらこれだけのことができるよ』っていう話に戻るんだけどさ、結局ゲームを途中で止めたり、サ終してゲームがなくなりました、なんてなったら、それまでガチャでかけてきた金やプレイ履歴は、みんな強制的にサンクコストになっちゃうわけっしょ?
 だから、まずは『ガチャ10連1回分の値段で、自分の好きなことがどれだけできる?』という費用面から考えるのも良いし、『今までプレイした時間で他のことをしていたら、何ができた?』という時間効果の所から考えていくのもいい。
 単に時間を潰せれば良いだけなら動画流し見するんでも本を読むのでも何でも良いわけだし、たとえ5分だけでも『やりたいことに手を付ける』を積み重ねていけば、いつかなにがしかの形になっていく。そういう『スキマ時間の活用法』も探せばたくさんあるよ。
「たった5分でも、積み上がれば1時間2時間と増えていきますものね」
 そういうこと。決して私は『意識高い系』じゃないけど、スキマ時間でも情報収集はできるし、手を動かせば作業になる。それを心に刻んで動くようにしていったら、だいぶ『お部屋』の方も1日1本更新が板に付くようになった。まぁ何時止まるかはわかんないけど。
 それに、単に動画流してるだけってのが何か勿体なく感じてしまったから、『じゃあ今気になってること全部やってみようか』って動いてみたら、園芸にガチでハマったという顛末よ。
 ……ま、そういうこともあるよね。年齢(トシ)取れば好きなことも変わっていくもんだ。

まとめ -すっぱり諦めて『損切り』しよう-

・プレイした時間、突っ込んでしまった金は『人生の勉強代』として割り切る。
・かけたコストの分を取り返そうとして、闇雲に遊び続けてはいけない。
・そもそも最初からやらない方が良いし、やるとしても課金要素には手を出さないこと。金を出したら最後、一気に撤退しづらくなる。
・撤退判断を下すなら、早いほうがダメージは少なくて済む。
・常に『他の何か』に置き換えて比較する癖を付けよう。

 今回のまとめはこんなところかな。これができると、ガチャがどんだけ馬鹿らしいものだっていうのが少しずつ解るようになってくるよ。
 次の回では、別の視点から『ソシャゲが気にならなくなる方法』を書いていこうと思う。
 まずはこれだけでも、頑張って身につけてみるといいよ。私もここから始めたしね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました