下がる一方の更新頻度 -一般人が書けることの限界-

 赤文字=堀辰雄(たっちゃんこ)

「依玖さん……どうなってるんですか……
 フィットネスジム効果で身体を活性化させて更新につなげたい、と仰ってたのに、
 気がつけば10月中は全く更新されてないじゃないですか……
 本当にどうなってらっしゃるんですか……」
 ごめん。コレは全く言い訳できないわ。
 ジムで身体動かすようになって、減量も上手くいって気持ちよく過ごせるようになると、 なんか『表現したい欲』が段々薄まっていくのを感じてね……
 で、ある事に気づいたら、ネタらしいネタを無理に考えることもしなくなって、自然と更新頻度が落ちた。

一般人が書けることには、限界がある

『ある事』って?」
 うん。ブログの書き方についてね。
 どうしても書けるネタには限りがあるよね、って事。
 SNS写真やレビュー目的で物を買っても、私の今の生活形態だと使うに使いきれなくて死蔵させるだけになっちゃってさ。それが凄く無駄だと思えるようになってきたんよ。それにジム行きだしたら相対的にゲームする時間は無くなってしまったし……
 日常の『やるべきこと』に全力注いで生きてると独りで黙々家事と育児の生活になるから、その繰り返しだとそりゃ、『書けるネタ』なんて出てくるわけないよな、っていう話でさ。
 で、ブログ書くことから足が遠のいてっちゃった、というわけ。『私、そこまでして表現したいことってあんましないんじゃないの』ってな感じでね。
「聞いてると何か、依玖さんの中で価値観が大きく変わってる感じですね。
 今までの依玖さんだったら、そんな言葉、出てこないですよ」
 価値観の変化…….は確かに感じるね。あれだけ最新ガジェットや文具やゲームに飢えたり、『表現したい欲』に溢れてた私が、今はそんな欲のようなものをあんまり感じなくなったからね。
 『わざわざ外で自己表現にこだわらなくても、私の世界はちゃんとここにある』って感じで、家のことに集中するようになった。
 SNSとかYoutubeとかのキラキラした世界は確かに真似したくなるし憧れるけれど、人間それが全てじゃないし、画面に映るのはあくまでも『キラキラしたように見える一瞬』だけなんだよ。それを真似しようなんて思っちゃダメなんだよ。話半分で見てる程度で丁度いい。私のような『普通よりダメな人間』には、そのくらいがいいんだ。
 実際、それを意識するようになってからはかなりTwitterを覗く頻度は減ったね。1日朝夕2回くらいになったかな。Youtubeはまあまあ見るけど、多くは文房具動画とかポモドーロタイマーかな。最近は動画見たかったらNetflixの方が面白いので。
「そんな依玖さんの、最近の関心ごとは何ですか?」
 一番は今のところ減量(体重の)なんだけど、それ以外だと……まずはお片付けかな。使うに使えない物は、諦めて手放さなきゃいけないよねって思ってる。
 あとは、手帳……というか日記かな。これまで何度も挫折してマトモな人生の記録なんて残っちゃいないから、これを機にちゃんと残したいって考えてるよ。他は特にない。
「うーん。僕、思うんですけど、『書けること』自体は減ってないと思うんですよね。ただ、『今まで書けていたこと』が書けなくなってしまったからそう思っているだけであって、今の興味を軸にして別のことを書いていけばいいのではないかと思うんですが……」
 今の興味関心で書けること、か……
 と言ってもなー。手帳は結構な人が動画や記事出してるし、ダイエットなんてもっと星の数ほど記事があるし、今更私が書いてもなー、って感じはするんだよね……
「いいじゃないですか、それでも。依玖さんの『人生立て直し記』、ご自身の記録としてだけではなく、いつかどこかで誰かの役にたつかもしれませんよ」
 『人生立て直し記』。上手いこと言うねぇ。
 そうだね。既に誰かが書いているからって、『私が書かない理由』にはならないもんな。
 ネタ出しの方向が変わってしまったおかげで書きたいものを見失ってた、というのは確かにあるかもしれないね。
「無理にとは言いません。ジム通いで時間がないのは確かでしょうから。書ける範囲で少しずつでも書き溜めていきましょう。それが一番だと思います」
 そうするのがいいね。
 また、少しずつでいいから、頑張ろう。ありがとうね、たっちゃん。
「いいんですよ。
 それじゃあ、また前のように今後の作業計画立てましょうか。
 今月はだいたい5本程度で……」
 いきなりそんなに更新できないって( ꒪⌓꒪)
 やれる時に少しずつやっていくから、勘弁して〜。

コメント

タイトルとURLをコピーしました