【お買いあげ】今度は海外でお買いあげ!【海外EC】

 東京行きが無事に終わって、ムスメも無事保育園に復帰していった。
 後はこのまま年を越してしまうだけなんだけど、
 このまま何事も無く@1ヶ月半が過ごせるとは思えないし、
 案の定別館の更新がサボりがちになってきてるんだよねぇ。
 何時までも遊び続ける2歳児を相手に頑張るのは、つらい。
 そして別館ですらこの状態なのだから、こっち(本館)は……

 取り敢えず、今週は本館3本(既にこの時点で無茶臭がしてる)
 の目標予定組んだけど、
 今後は記事の充実と、ポートレート作りなどの周辺整備と、
 どっちを優先していくべきかなぁ。
 Podcastも年内配信開始っつっちゃったし。どうすんべ。

 そういや、今回の贈り物のうち一部は海外ECを使って買ったし、
 さくたろ先生の捜し物にモガミンが一緒に付き合ってるのが
 普通になっちゃいるんだけど、
 実はあの二人、昔はちょっと仲悪かったんだよ。

 ――その時の話をしようか。

喧嘩から全てが始まった

 事の起こりはムスメ産んで間もなかった頃のことだ。
 寝付いたムスメを布団に置いて、ゆったり休んでた時だったよ。
 部屋の向こうから、いきなりさくたろ先生の泣き声が響いてきてね。
 ……面倒臭いと思いながら、様子を見に行ったんだ。そのときの話。

 

 


 紺文字=萩原朔太郎(さくたろ先生)
 臙脂文字=最上(モガミン)
 赤文字=堀辰雄(たっちゃんこ)

「ひ、ひどい、ひどいよ!
 いい所まで進んだのに、いきなり奪ることないじゃない!」
「キミが『貸して』って何度言っても渡してくれなかったからじゃないか!
 端末ずっと独り占めしてさ! 安定くんでも、ここまでしないよ!?」
朔先生、最上さん、落ち着いてくださいっ!
 ムスメちゃんが起きてしまいますから……!
 あ、あぁ、依玖さん、来ちゃったんですか!」

 ……たっちゃん、状況説明お願いできる?
「僕より最上さんに聞かれた方が……」
 あんなに顔真っ赤にしてぷりぷり怒ってるモガミンと、ギャン泣きのさくたろ先生が
 マトモに説明出来るとお思いですk?
「いや、ボクなら大丈夫だよ、提督。
 あのね。彼、見たいサイトがあるからiPad貸してって声かけたんだけど、
 2時間くらいずっとゲームやったまま貸してくれなかったんだ。
 いい加減、頭に来ちゃったから、力ずくで取っちゃう事にしたんだよ」
「だ、だって、『ゲームやっていい?』って聞いたら、
 『ボクの用事は後ででもいいから』って貸してくれたじゃない……」
 ……たっちゃん。
「だいたい、どちらの言い分も合ってます。依玖さんが充電のために置いた後、
 同時に朔先生と最上さんが鉢合わせしちゃったんです」
 で、モガミンがさくたろ先生に『お先にどうぞ』ってしたら、
 そのままさくたろ先生がずっと使い続けちゃった、と。

 iPad壊れたらどうすんじゃ(#゚Д゚)
 ムスメが近くに居て怪我したらどうするんじゃ(#゚Д゚)
 喧嘩、両成敗!!!(#゚Д゚)
 返してもらうぞ、3日間くらい2人とも使用禁止な!
「そ、そんなぁ!」
「えぇ、ボクまでー?!」
 貸さなかったさくたろ先生も悪いし、実力行使に出たモガミンも十分悪いッ。

 さて……それじゃ良いタイミングだから、ちょっと私も自分の用事をしようかな。
 たぶん、モガミンが見たかったのはここだと思うんだよね……(ぽちっと)

世界のEC(電子商取引)大手はAmazonだけじゃない

「依玖さん、それはいったい?」
 これはね、『ebay』っていう海外のECサイト。
 アメリカ版ヤフオク、みたいなものと思ってもらえればいい。
 厳密には、『入札』という概念が無いからちょっと違うとは思うけども。
 イメージとしては『即決価格ですぐに売買が決まる』ヤフオクって感じの
 UIだと思えば。

 商品画面はこんな感じ。
 「依玖さん、これ、大丈夫なんですか?
  ページが全部英語ですけど」
 何とか大丈夫w 買い方の解説サイトも探せばあるし!(
「全ッ然自力で読めてないじゃないですか!!
 簡単な英語くらいは読めるようにお勉強しましょうよ、まったく……」
 実生活で使う機会無いからイイカナ(・ω・)

 今まで、ネットでモノを買うのはKonozamaに頼りっきりだったけど、
 最近、パパパが釣具の出品販売をちょこちょこやるようになってな。
 日本国内では値がつかない物も海外にちょっと持ち出せばそれなりの金額になったりする事が多々あるから、
 それでここを使おうとしているみたいだけど、
 出品できるようになるにはまず、出品されている物を10個買わないといかんのだ。
 ……なので、少額の文具などで満足出来る私に『何か買ってくれ』
 依頼がだな(遠い目
「パパパさん……」
 売ってる物もワールドワイドでね。北欧・北米・中華に露に香港……
 いろんな所から出品されてる。
 ネットでは結構『質がひどい』とボロクソ書かれてる事の多い米国文具にちょっと興味があるんだが、
 如何せん、送料の壁が厚すぎてな……

「高ッ!!
 宮崎から東京の御実家にに生活用の荷物送る代金と、同じくらいかかってません!?」
 それな(白目)
 だから、送料の所はよく見ないと合計したら金額足りませんでした、なんて事が往々にして起こるし、商品価値に比べて送料の方が高い、なんて事になると目も当てられなくなるね。いやホントに。
 あと、何とか送料無料の出品を探し当てたぞ、と思っても
 『日本には送れません』となってしまったり。
 この場合、セーラーさんと交渉する事で送料を一緒に入金すれば送ってくれたりする事もあるけど、
 その際の交渉は全て英語で行わなきゃいけない。日本語は通じないぞ。
「国際取引って、とても大変なんですね……」
 そうだな。でも、日本だと結構ボった価格付けで売られてる品も
 こういう所を介せば、国内品よりも良い物が安く手に入ったりするからね。
 面白いし、侮れない。

今度は中華でお買いあげ! 個人用ECモール『AliExpress』

「あ、提督、始めちゃってるんだ!
 ボクが先に見てお勧めしようと思ったのになー」
 悪かったな、モガミン。もう『独身の日』セール始まっちゃってるし、
 先にやってるよ。
「『独身の日』って、何ですか?」
「最近できたみたいだよ。中国で『独身生活からの脱出を願う日』なんだって。
 この日に合わせて、中国ではいろんなお店が大きなセールを開くんだ」
「それって、単に消費活動のカモにされてるようにしか見えないんですが……
 たっちゃん、その辺はツッコんだらいかんw
 まぁ……アレだ。最近は提唱先のアリババグループと提携関係にあるソフトバンクが
 これを日本に輸入しやがりましてですね。
 『いい買い物の日』として根付かせようとしているよ。Yahooショッピングの規模じゃ無理があるだろうけど
「依玖さん、ねえ、こういう所なら、携帯端末用の線とか、安く買えるんじゃない?
 次の原稿のネタにできそうな物がないか、探そうよ」
 おや、さくたろ先生。
 ……2人とも、仲直りしたの?
「最上さん、いろいろ教えてくれたよ。
 『ここは提督の好きそうな物がたくさんあるから、捜し物には丁度いいかもね』って」
 そっかそっか。仲直りできたんならそれは良かった。
「さて、それじゃ提督、いつものあそこ、見ようよ。
 今日までに大体目星付けておいたんでしょ?」

 そうだな。始めるとしますか。
 これは中国EC最大手のアリババグループが経営する、『AliExpress』というECサイト。
 現在の私のお気に入り。
 アリババには他に『淘宝網(タオバオワン:略称タオバオ)』・『天猫(Tmall)』という大きなECサイトがあるけど、この『AliExpress』はその中でも『海外からの個人購入者向け』のECサイトになっているよ。
「思いっきり日本語が機械翻訳ですよね、これ……」
 場数を踏むと、それなりに何を伝えたいのかは分かるようになるよ。
 ここはとにかく、中華の業者がグローバル向けに
 国内商品をこれでもかという程並べてる。
 ある意味、Konozamaより出品数やバリエーションは多いかもね。
「それに、Konozamaに出品されてる商品の中にも、ここから買ったと思われる物がたくさん出品されてるしね……2倍3倍の値段つけられて……」
 あ、モガミン、それ先に言うなってw
「……それって、まさか、こちらのサイトで購入した品物を、
 更に価格をつり上げてAmazonで転売してるって事ですか?!」
 御明察。ちょっとした輸入代行みたいな感じで、
 ここの品物をKonozamaマーケットプレイスで売ってる個人業者がここ数年で結構増えてる。
 それに気づいてからは、私、Amazonであまりキワモノを探さなくなったよ。
 こちらで探せば更に安く、場合によっては送料無料で手に入るから。
「すごいね……携帯の線って、このざまだと最低でも1本300円くらいするけど、
 こっちだと普通の線が1本100円ちょっとで買えちゃうんだね」
 その辺は流石『世界の工場』と言われるだけの事はあるよね、って思う。
 問題も多いし、中華共産党は自由主義陣営不倶戴天の敵として許しちゃいけない存在だけど、『パチモン作ってたら結構いいのが新しく開発できました』っていう突然変異が起こりやすい、特異的な土壌である事は確かだよ。あと、デザインセンスが結構良い。
 ぶっちゃけ、版権キャラ物に頼りがちな日本のデザインよりずっと使いたいと思える。
 そうした商品が芋づる式にどんどん引っかかってくるから、ここはずっと見ても飽きないよ。
「今回は結構カートにいろいろ入れたんだね、提督」
 半年くらい前から、めぼしい物はあらかたウィッシュリストに入れておいたからね。
 頑張って資金貯めたよ。この日のために。
「……もしかして、そのためにここ数ヶ月、お外で作業することが減ってるんですか?」
 それはひとえに、貯金のためだけとは言えないかな。他にもいくつか理由あるから。
「提督、今度さ、今回の戦利品をどーんと記事にしちゃおうよ!
 結構いいネタになると思うんだけど、どうかな」

 無事に商品が届けばな。

「依玖さん……『無事に』って、どういう……」
 ひとつ。国際郵便(だいたい船や航空機で輸送)なので単純に国内で郵送して貰うよりも郵便事故の確率は高くなるし、一緒に乗ってきた他の積み荷が税関で引っかかれば、それだけで大幅に到着が遅くなる。
 もうひとつ。相手にしているのは『中華業者』というのを忘れてはいけない。
 Konozamaでもたまに聞く話だけど、注文と違った品物が届く・そもそも商品を送ってこない・商品に瑕疵があっても、返品返金に応じないなどのトラブルは結構多いんだ。
 実際に私も一度品物が届かなかった事があったんだけど、
 その時は業者がちゃんとした所だったから、理由を伝えたらすぐに再送してくれた。
 それでも、国際郵便で送ってる都合上、商品が届くのに大体1ヶ月前後はかかるよ。
 ePacketなどの内容証明郵便で送ってくるのはもっと早いけど、送料もそれなり。
 だから、こういう所で買い物する時は、常にトラブルに備えてないといけない。
 そういう意味では、まだ異議申し立てのしやすいKonozamaや楽天といった国内ECの方が『安全に買い物できる』といった点では使いやすいと言える。
 あと、ここもトラブルなどの異議申し立ての際は、
 英語または中国語のスキルが要るから、そこも注意しないとね。

 詳しい海外ECでの買い方は、また追々機会を設けてやるとして、
 モガミンの提案した通り、商品が届いたらぜひ戦利品特集やりたいなぁ。
 やりたいねぇw

 観音様にはお叱り喰らうだろうけど、それは……うん。
「それはもう既定路線ですから、諦めましょう。
 あと、めぼしい物がありましたら、僕にも共有をお願いしますね。
 特に文具をお願いします」
 は、はい……( ;´Д`) ううう、たっちゃんこの目の前でやるんじゃなかった……

コメント

タイトルとURLをコピーしました